HOME > 環境に合った素材選択のススメ > 北海道産珪藻土MPパウダー

ttl_prod_ud.png

ttl_sub_prod1.png
●ゼロ・ウェイスト対応製品
MPパウダーが、明確な達成目標を設定し、焼却せずに環境負担を減らしながらリサイクルと堆肥化でゴミを出さないようにする手法にのとった製品であることが大きなポイントの一つになっています。

調湿機能のしくみ

MPパウダーの調湿材の吸湿・放湿を効率よく行う機能は、「細孔《メソポア》」ならではの特有機能です。一般的な珪藻土は「細孔《マクロポア》」と呼ばれ、メソボアよりも大きな細孔のため吸湿機能が弱く、そのため放湿も期待できません。備長炭などは「細孔《ミクロポア》」と呼ばれ、今度はメソボアよりも小さな細孔のため吸収力は強くなりますが、放湿機能がほとんどありません。
fig_ud_hikaku.pngfig_ud_hikaku.png

pht_prod_gendo.png
↑メソポア珪藻土《原土》
pht_prod_mesopoa.png
↑原土の顕微鏡拡大写真

MPパウダーの原料について

▼原料 ▼主な機能
メソポア珪藻土 珪藻土の中でも特殊な素材。2〜51ナノメートルという特有な「細孔《メソポア》」で形成されています。この「細孔《メソポア》」は湿気などの調湿性に非常に優れ、調湿性を保ったままより薄い塗り壁が可能になります。
珪藻土

植物性プランクトンである藻が化石になった物質で、ナノサイズの細孔で形成された多孔質構造体です。一般には七輪などの製品に多く使われています。工場油の濾過・土壌改良にも使用されています。

白土 主成分は火山灰で、MPパウダーの色調を白色にするために使用しています。一般では、陶器などの製作にも使用されています。
糊材 食用デンプン糊で、MPパウダーの固化補助剤として使用しています。
セルロースファイバー 木質繊維の古紙のことで、土壁などに使われているワラすさの代わりとして使用しています。

ttl_sub_prod2.png

★石膏ボードやビニールクロスに直接施工が可能
★冬期でも白華(はっか)せず安心

pht_prod_l.png

▼MPパウダーL
色調調整を重視し、「細孔《メソポア》珪藻土」の配合率を押さえた分、調湿機能は小さい

pht_prod_m.png

▼MPパウダーM
調湿・脱臭機能を重視し、「細孔《メソポア》珪藻土」の配合率を高め、色調調整も可能

pht_prod_h.png

▼MPパウダーH
調湿・脱臭機能に特化し、「細孔《メソポア》珪藻土」の配合率を極限まで高めた分、色調調整は不可

確かな調湿機能のある珪藻土を選ぶポイント

吸放湿機能を自己完結できる「メソポア珪藻土であるか?」
今のところ北海道産珪藻土がこれにあたります。
珪藻土の含有率はどれくらいか?
MPパウダーは最大含有率80パーセント
珪藻土を固める際の、固化剤に何を使用しているか?
人工樹脂を使用すると珪藻土の細孔を塞ぎ、調湿機能が著しく低下します。MPパウダーは粒子結合と自然糊だけで固めており、かつ成分も4種類しかないため、珪藻土の調湿機能を最大限発揮します。

line_arrow.png
MPパウダーは全て備えており、珪藻土の含有率が「80%」と2012年現在で日本一を誇ります

gmenu_index_01.pnggmenu_index_01.png
gmenu_index_02.pnggmenu_index_02.png
gmenu_index_03.pnggmenu_index_03.png
▼自然塗り壁素材シリーズ商品データ
gmenu_index_04.pnggmenu_index_04.png
gmenu_index_05.pnggmenu_index_05.png
gmenu_index_06.pnggmenu_index_06.png
gmenu_index_07.pnggmenu_index_07.png

bn_workshop_diy_side.pngbn_workshop_diy_side.png